注)掲載している仕様は開発中のものです。
  仕様は変更になることがあります。

アクセスレベル

メンバには、他人が不必要に使用できないようにする制限を設定することができます。

Public

誰でもアクセス可能です。

Protected

呼び出し元が自分自身、もしくは継承されたクラスのメンバであればアクセス可能です。

Private

自分自身からのみアクセスできます。
定義直後はこのレベルに設定されます。

注意事項

  • フィールドの場合、Privateであってもフィールドの参照を渡した場合、相手はアクセス可能です
    • ただし、読み取りor書き込み専用などの制限は可能です

継承

メンバ

コンストラクタ

インスタンスを初期化するためのメソッドです。

フィールド

インスタンスごとに作成される変数です。
※アクセス修飾子は常にPrivateとなり、変更できません。

メソッド

操作(プログラム)を定義・実行することができます。

プロパティ

主にクラスの外にフィールドの値を操作させるために使用します。
値を取得する「Getter」と、設定する「Setter」があります。

デストラクタ

インスタンスが不要になった時点で、修了処理をするためのメソッドです。
最大1つまで定義できます。